テレビで紹介された薄毛あるある

はげに関するあるあるはここで!
Home » はげのあるある探検隊 » テレビで紹介された薄毛あるある

テレビで紹介された薄毛あるある

はげのあるある探検隊
テレビで紹介された薄毛あるある

今回はテレビ番組で紹介されたことのある薄毛あるあるを紹介します。

まず一つ目は「帽子をかぶったら脱げない」です。
蒸れて汗をかくので、余計に薄毛が目立ってしまうからです。

二つ目は「帽子を脱ぐと驚かれる」です。
帽子をかぶったら、上手く誤魔化すようにセットしたヘアスタイルがぐちゃぐちゃになり、薄毛が露わになってしまいます。
初対面の人がいる場合はとくに、いきなり帽子を脱いだら驚かれてしまうのです。

三つ目は「一度帽子をかぶったら、脱がない覚悟を決める」です。
脱いだら薄毛が目立ってしまうし、周りの人を驚かせるかもしれません。
一度帽子をかぶったら脱がない覚悟をする必要があるのです。

四つ目は「ゴルフはキャップではなくサンバイザー」です。
ゴルフのときにキャップをかぶれば、蒸れて大変なことになります。
サンバイザーであれば髪型の乱れも最小限に抑えらえますし、装着しているときと脱いだ時の違和感も少ないですよね。

五つ目は
「メイクさんに黒い粉をかけられる」です。
これは芸能人ならではのあるあるですね。
メイクさんは黒い粉を使って、一生懸命タレントのハゲを誤魔化そうとするようです。

六つ目は「話がそれてしまう」です。
何か全く関係のないことを話していても、周囲の誰かが不意に薄毛をいじってきて話が脱線してしまうのです。

七つ目は「突っ込みのときに注意が必要」です。
これは芸人さんならではのあるあるです。
ツッコミで頭をたたくとき、メイクさんにつけてもらった黒い粉が舞ってしまうことがあったそうです。

八つ目は「カメラマンがやたらと映したがる」です。
これは芸能人ならではのあるあるなのかと思いきや、実は一般人でもよくあることなのです。
友達や家族とキャンプに行ったときに、薄毛の人がいると、ほぼ間違いなくカメラは薄毛をアップで映し出します。

他にもテレビで紹介された薄毛あるあるはたくさんあります。
どれも面白いあるあるばかりで、同じ薄毛としては勇気づけられますよね。
薄毛でもポジティブさを失ってはいけません。