女性の薄毛あるある

はげに関するあるあるはここで!
Home » はげのあるある探検隊 » 女性の薄毛あるある

女性の薄毛あるある

はげのあるある探検隊
女性の薄毛あるある

薄毛になるのは、なにも男性だけではありません。
女性だって薄毛になる人はいるのです。
産後脱毛症という、出産後の女性のみに見られる脱毛症だってあるくらいなのです。
もちろん男性のようにツルツルになってしまうことは少ないですが、やはり女性の薄毛は男性以上に気になるものです。
今回はそんな女性の薄毛あるあるをまとめてみました。

まずは「髪を結んだ時に少なく感じる」です。
女性は髪を結んでいる人が多いですよね。
結ぶ時の手ごたえが、明らかに少なく感じるようになるのです。
目で確認するのではなく、手の感覚で確認するので、目で見るのとはまた違った恐怖があるようです。

次に「ヘアスタイルを保てなくなる」です。
毎日のようにセットしていたヘアスタイルが、徐々に保てなくなってしまうようになるのです。
髪が多かった人は、今まで髪が多いことでセットが難しいと悩んでいたことでしょう。
しかし徐々に髪が減ってゆくと、今度はそれが原因でセットしたヘアスタイルを保てなくなってしまうのです。
これはかなりショッキングなことですよね。

次は「テカリが気になってしまって前かがみの体勢になれない」です。
頭皮というものは、もともと皮脂の分泌量が非常に多い部位な。
髪があると気が付きませんが、普通、頭皮はテカテカとしているものなのです。
薄毛になってくると、生え際などからこのテカリが見えてしまうようになります。

最後は「話し相手の目線が気になる」です。
これは男性でもよくあることですよね。
自分が薄毛になってきていることを実感すると、人と話すとき相手の目線が気になるようになります。
たとえ相手はそういったつもりでなくても、なんだか頭の方を見られているような、ある種の被害妄想を抱くようになる人が多いのです。
もちろん実際に見られていることもあるでしょう。
いずれにしても、これは女性の尊厳にかかわる、とてもつらいことです。
たとえ同じ薄毛あるあるでも、男性と女性とでは重みが違いますね。