はげの悩みあるある

はげに関するあるあるはここで!
Home » はげのあるある探検隊 » はげの悩みあるある

はげの悩みあるある

はげのあるある探検隊
はげの悩みあるある

はげにはハゲなりの悩みがあります。
髪の毛のある人には分からない、深刻な悩みを抱えているのです。
今回はハゲの悩みあるあるをいくつかご紹介しますので、ハゲていない人は熟読し、ハゲに対する理解を深めてください。

「お世辞がつらい」
これはハゲの誰もが通る道でしょう。
だいぶキテるのは明らかなのに、「え、全然わからないけどなあ」なんて言われると、かえってつらいものです。
ハゲからすると、いっそハゲいじりしてくれた方が楽なんですよね。
ちなみにハゲは、だいたいいじられ慣れてます。

「バーコードヘアーが理解できるようになる」
多くのハゲは、自分がハゲであることを受け入れています。
周りかハゲいじりされようと、笑いに変えてやろうという度量を持ち合わせています。
しかし、だからといって髪の毛に未練がないわけではありません。
髪の毛が生えていたころの夢を見た朝、枕についた髪の毛に虚しさを感じることだってあるのです。
バーコードにするならいっそ全部剃ってしまえばいいと思うかもしれませんが、今生えている大切な髪の毛を守りたい、少しでも頭皮を隠したい、という気持ちは、そう簡単に捨てられるものではないのです。

「海やプールはNG」
これはハゲ始めの初心者に多い悩みです。
海やプールに入ってしまうと、水にぬれた髪の毛がやたらと隙間を作るようになり、頭皮を主張し始めるからです。
ある程度ハゲ上がってしまっていれば気にならなくなるのですが、まだ自分がハゲであることを受け入れきれていないハゲは、女の子の目だって気になります。

「結婚できるか不安」
結婚願望のあるハゲにとって、これは一番深刻な悩みです。
見た目だけが全てじゃない、という女性は多いですが、見た目は一切こだわらない、という女性は少ないですよね。
どんなに性格が良くても、どんなに経済力があっても、ハゲというだけで、異性として見てもらえない可能性は十二分にあります。
ハゲが女性との間に一線を引いてしまうのです。